着席対面型

着席対面型

日本の昔からのスタイルにお見合いという形がありますが、そのお見合いが複数で行われる形といえば、わかりやすいでしょうか。男女が向かい合って座り、最初に1人ずつ自己紹介を行い、その後、1人ずつ順番に数分間ずつ相手との会話を楽しみます。その会話は特定の相手ではなく、着席型婚活パーティーに出席した全員との会話です。対面型のほかに、男女が交互に座り、会話が終わった順に横にずれていくという方式の婚活パーティーもあります。

着席対面型パーティーの場合、この人いいな・・・と思っている方とも、他の方とも同じ時間お話することになりますので、会話の時間が短いです。ですから、そこでは自己紹介とちょっとしたご挨拶という形で終わってしまいますが、そのあとには、テーブルから自由に動くことができるフリータイムがありますので、そこでしっかりお話しできるように会話を考えておきましょう。自己紹介で第一印象のいい方をある程度絞っておき、その方を中心に積極的に話を進めていく必要があります。1対1で会話が始まるという形なので、緊張してしまう方もいると思いますが、出席している方全員とお話することができるのが、着席型の婚活パーティーのいいところです。無理にでも話をすることになりますから、自分の周りにいないような異性とも、会話をすることができます。