弁護士男性と結婚するための3つの方法

弁護士男性と結婚するための3つの方法

弁護士は一般的に高収入とされ、玉の輿を狙う女性に人気ですね。

また、夫が法律のプロである弁護士というのは、生活する上でも心強いものもあるかもしれませんね。

そんな、弁護士の男性と結婚するにはどうすればいいでしょうか?


方法その1 法律事務員になる!


弁護士事務所で働く事務員「法律事務員」として働くのは弁護士と結婚するための一番いい方法かもしれません。

やはり職場で一緒に働き、長い時間を一緒に過ごすことで、恋愛に発展する可能性も高くなりますし、妻が法律事務員としてのスキルを持っていると、将来、独立したときも仕事を手伝ってもらえるという計算もできるので、男性からしても結婚をイメージしやすい相手になることができるでしょう。

仕事をしながら結婚相手探しもできて一石二鳥ですね。

法律事務員として働きながら、弁護士との結婚の道を探す場合のポイントは、「できるだけ大手の法律事務所で働く!」ということですね。

小規模の事務所だと、働いている弁護士の数も少ないので、いいと思える男性がいない場合、かなり悲しい事態になってしまいますね^^;

やはり大手の事務所の方が、たくさんの弁護士が働いていて、よりどりみどりになれるかもしれません。

法律事務員になるためには特に詳しい法律の知識が就職する時点で必要なわけでもありませんし、法科系の大学を卒業していないとだめということはありません。

秘書や一般事務の知識やスキルがあれば大丈夫でしょう。

あとはしっかりした応募動機を考えておきましょうね。
まさか、面接で弁護士と結婚したいから!という言う方はいないでしょうが。。。


方法その2 司法修習生になって同期と出会う


かなりハードルの高い方法ですが、自分自身が司法試験に合格して、司法修習生となって、同期の男性と出会う方法です。

「そんなことできるか!」とかなり突っ込まれそうな方法ですが、ある意味一番現実的な方法です。

なぜなら弁護士の男性は、司法試験前は勉強で忙しく、彼女と付き合う暇なんてないですし、司法修習生時代が終了して、働き始めると仕事が忙しく、これまたのんきに遊んでいる暇もなくなります。

ですので、その間の司法修習生時代に、同期の女性のなかから彼女を見つけ、そのまま結婚までいくパターンが一番多いんですね。


方法その3 婚活パーティーや合コンで出会う

弁護士男性と結婚する方法、その1とその2を見て、ちょっとこりゃ無理そうだなと思った方も多いとは思いますが、最後の3つめの方法は、誰でもできる方法なので、ある意味、一番おすすめの方法ではありますね。

それは婚活パーティーや合コンで出会う方法です。

ただ、合コンは友人からの紹介に近いものがあるので、周りに弁護士とのつながりがないとなかなか難しいですね。
また合コンは結婚というより遊び目的の男性もかなり多いので、慎重に行かないといつまでたっても遊ばれただけで結婚まで進展しないということにもなりかねません。

ですので、おすすめは婚活パーティーですね。

婚活パーティーには、弁護士の男性限定のパーティーなどもあり、しっかりと本人確認や職業の確認も書類でしているので、弁護士だと思っていたら実は弁護士じゃなかった!ということもありません。

また参加者の男性も真剣に結婚相手を探している方が多いので、結婚まで至る可能性もかなり高いです。

弁護士限定のお見合いパーティーが充実しているのは、パーティーパーティーですね。

弁護士はもちろん、医師、一部上場企業勤務などハイステータス、高収入の男性限定のパーティーなども全国各地で開催されているので、マメにスケジュールをチェックしてタイミングを逃さないようにしましょう!