婚活パーティー 会話術

成功するための会話術!(女性編)

知らない人と話をするのは苦手という方は多いでしょう。たいていの方はそう思っているのではないでしょうか。お見合いパーティーで気になる相手を見つけても、話していられる時間は短いもの。5分も話せれば長いほうです。その短い間に、相手に自分を印象に残してもらうには、どうしたらいいのでしょうか。
そのコツを少しだけお教えしましょう。女性編です。

まずは挨拶。自分の番号と名前は必ず伝えます。当たり前ですが、初対面の方を前にするとつい萎縮して忘れてしまう方もいます。いくら恥ずかしいからといって、下を向いて黙っているのは絶対にNGです。

たいていの見合いパーティーでは、最初に短時間の間に出席した男性すべてと話せるプログラムが組まれています。このときに話せる内容はわずか。お互いにフリートークのときの話す相手を選んでいるような時間です。
そんな短時間に自分を印象に残してもらうためには、ベタですが笑顔です。笑顔を馬鹿安で売っているお店にアルバイトで雇われたつもりで、にっこり笑って相手を見ながら話しましょう。

フリートークに入ると、たいていは男性のほうから話しかけてきますが、相手が投げかけてきた話題に興味がないような素振りを見せるのは、もちろんNG。たとえ分からないことでも耳を傾け、話のなかで分からない部分があったら正直に訊ねるようにすると、会話が弾んでいきます。
相手の話に否定的な意見を出すのもNG。お見合いの場で議論は絶対に避けるようにしましょう。

フリートークのときは、気まずい間をつくりたくないので、つい、たてつづけに自分のことばかり話しがちですが、相手がちゃんと返せる話題を選ぶようにしましょう。相手が話している間は相槌を打って聞くこと。相手の話に途中で割って入って、自分の話をはじめるのは禁物です。そこは友だちとの会話と違うところです。
自分の話をしたほうがアピールになると思いがちですが、逆効果です。自分が何を話すかよりも、相手に面白い話ができたと思わせるのがコツです。

これだけ短時間の接触ですから、はっきり言って「話した内容」よりも「話したコト」が大事。印象づけるのも話の内容ではないので、気おくれすることなく話しましょう。話した者勝ちですよ♪